« はっはっはっ | トップページ | ガンバ! »

2016年1月14日 (木)

ばらんばらんの魅力

NHKのニュースを見ていたら「SMAPが解散するかも」って。

「した」ではなく「するかも」でニュースになるってすごい。
わたしはというと、ショックを受けました。
なんでかな。
イ・ヤ・だ・なー! と思いました。
ファンでなくてもショックを受ける。
SMAPって、そのような存在なんですね。
 
長年多くの人たちを楽しませてくれたグループだから
「そろそろ別の人生を」という前向きな解散ならしかたないけど
組織の都合だとしたらイヤですねえ。
 
『世界でひとつだけの花』が好きです。
作った槇原敬之さん自身が歌ってもすばらしいのですが
SMAPが歌うと五人の歌唱力がばらんばらんで、
それがこの歌の意味を如実に体現していて
なんとも味わい深いものがあります。
 
個性がばらんばらんで、内輪のベタつきを感じさせない。
そこが魅力です。
ゆるくて肩の力が抜けた平和を感じさせてくれるSMAP。
永久にあるものと思ってた。
↑まだ決定じゃないから、あるかもしれない。
 
そう言えば
クローズアップ現代の国谷さんも3月で降板するということで
こちらもショックでした。
こちらは決定っぽい。
気のせいかもしれないけど
報道の正義が崩れていく不安を感じます。
 
平和と正義。永久にあると思ってちゃだめなんだなぁ。

« はっはっはっ | トップページ | ガンバ! »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

平和と正義は確かに永久では無いですね。むしろ一瞬?と言うと、辛口過ぎますが。
今、地球全体を見渡すとそんな考えが頭をよぎります。「猫弁」の中だけでも永久にお願いします。ベッドサイドに置いてある「猫弁全集」は私の子守歌です。正義と平和の象徴です。
                     紀子

平和と正義、現実にパッと思いつくことが無かった、昔の戦隊ドラマや遠山の金さん、などフィクションが浮かんでしまう、皆の普遍的な理想ということでしょうか。確かに、一瞬たりとも世界平和が叶ったことは無い。何秒に一人は殺されている、といった話は耳にしたことありますが(同時に生まれる命もあるでしょうけど)。そもそも、平和と正義が叶った世界とは、完璧すぎて怖い気持ちもするし、=幸せなのか、ホントのところ分からない、誰しも自分だけの幸せは求めてしまうしから不可能な課題だと思う。ただ、目標であることは間違いないと思う。SMAPも本人たちが思うより、周りが感じる好イメージが大きいのでしょうか。ただ、必然的に解散を仮定すると、昔から解散したグループで全員が活躍していることは稀有と思うと、やはりSMAPとして、普遍的存在としてあり続けて欲しいような気もする。

平和と正義。
本気で考えなければならない時期がきていることに、間違いはないのですが、
何を礎にすればいいのか、切実になればなるほど、見えなくなってきています。

緊急時、心臓マッサージをするときのテンポは
『世界でひとつだけの花』のリズムだと教わりました。(『365歩のマーチ』でもいいそうです)
何より命が大事ということだけは、ゆるぎないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/63064757

この記事へのトラックバック一覧です: ばらんばらんの魅力:

« はっはっはっ | トップページ | ガンバ! »