« ガンバ! | トップページ | 無のままで »

2016年1月25日 (月)

がっかりした件

がっかりしたことがあったんです。 うまく書けるかな。書いてみます。

先日、夫が「ヒャッキンに行って来ます」と言って出かけました。
夫は事務用品や仕事場の整理用具などの一部に、
百円均一ショップの商品を利用しています。
ファイルとかケースです。
しばらくして夫は「なかった」と手ぶらで帰宅しました。
その時はわたし、なんとも思わなかったんです。
 
その夜、食事の時にわたしは質問しました。
「今日はヒャッキンに何を買いに行ったの」
特に意味はなかったんです。無言で食べるより
会話しながら食事をしようと思っただけです。
すると夫は言いました。
「財布」
わたしはなぜかしらショックを受け、箸が止まりました。

もう一度尋ねました。

「何を買いに行ったの?」
「財布」
あ、ほんとに財布なのですね。
 
わたしは百円均一ショップに恨みはありません。
以前わたしはそこで仕事用の鞄を買いました。
百円均一ショップにも「高価格商品コーナー」というのがあって
そこで見つけた鞄で、600円でした。
 
わたしは合成皮革のペラペラ感が嫌いですが
化学繊維のふにゃふにゃ感は好みで、
その鞄はまさに好みストライクの品だったのです。
3年以上使いましたし、とても良い使い心地でした。

それなのに「夫がヒャッキンで財布を探している」のが
ものすごく嫌だったんです。なぜかしら、嫌なんです。
ヒャッキンの財布を使っているすべての方に頭を下げます。
ごめんなさい。
わたしが今使っている財布だってブランドものではありません。
でも100円ではありません。もっと地に足がついた値段です。
中学生でもない還暦を超えた男が100円で財布を買おうとしている。
その心根に妻として悲しみを覚えたんです。
わたしのワガママでしょうか?
 
夫はわたしの箸が止まるのを見て、申し訳なさそうな顔をしました。
こちらの悲しみが伝わったようです。
「すみません」と謝りました。
「でももう既にヒャッキンの財布を使っていて、
それが古くなったかから、買い替えようとしていたんだよ」
 
ええッ! そうなんですかッ!
今さら嘆くことではないんですね!
わかりましたーーーッ!
 
Saifu3
 
ちなみにこれが使用中の財布で、
札入れと小銭入れを個々に買って合体させてあり、経費は200円だそうです。
 
「どうやってくっつけたの」
「すみません、縫いました」
夫はなぜかしら、謝りました。
 

« ガンバ! | トップページ | 無のままで »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

先生のガッカリに賛同、ご主人の財布に感動です。
100均掛ける2プラス工夫=中々素敵!!!!!
そして、さすがに古くなったから新しくする。200円で!
限度もわきまえていらっしゃるご主人に、誤解のない範囲の胸キュン
です。男と女のこだわりの差も改めて感じ入りました。

お久しぶりですが、なんだかすごく共感したのでコメントを。
うちの父が百均の腕時計を買ってきたとき、とても悲しい気分になりました。
同じようながっかりですよね、たぶん。

でも、百均で探すけど、ないものは自分でつくる、って素敵だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/63115421

この記事へのトラックバック一覧です: がっかりした件:

« ガンバ! | トップページ | 無のままで »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ