« スイッチ・ブーブー | トップページ | ときどき、一生 »

2016年3月20日 (日)

箱猫

急に暖かくなって、桜が勇み足になりそうで怖いです。

気がついたら散ってた。なんてことがないように、
桜の動向を気にしながら創作しています。
 
連ドラはすべてをチェックしていませんが
このクールは「シナリオうまいな〜」とうなっちゃう作品が
昨年よりも多かったです。
なかでも月9の『いつかこの恋を…』は
なんでこんなにうまいんだろ!と
3度も見返した回がありました。
 
ひとつひとつのエピソードにちゃんと伏線がはられていて
そこまでしなくても…というくらいきめ細かくできている。
 
金10の『わたしを離さないで』も挑戦的かつ丁寧なシナリオでした。
大河ドラマ『真田丸』もすばらしい。
視聴率とシナリオの出来はけして比例しないけど
良い作品はきちんと評価されて次につながるといいですね。
 
良い作品に触れて感心ばかりしていると
自分がさぼってるような気がしてきちゃうのですが
精一杯書いています。夜はばたんきゅーです。
ばたんきゅーって死語かな。
わたしはよく使います。
 
小学館の文芸誌『きらら』の連載『福女』は今月で終了です。
生まれて初めての連載でしたが、なんとか終えることができました。
後半になると、「予定より少し早めにラストになりそう」と思い始め、
一回分早めに終了することを編集部に申告しました。
なのになのに、
最終回を書いているうちに「やっぱあと一回必要だった」と気付き
ラストはぎゅうぎゅうに詰め込みました。
こういうところが「初めて」の甘さというか、
まだまだ書き手としてプロじゃないなあって
反省しています。
 
励ましのお便りありがとうございました。
年内に単行本化の予定です。
大直しの必要を感じていて、がんばらないといけません。
 

Inabox

最近書きこもっていてお買い物はほとんど通販。
来月はもう少しゆとりを持ちたいです。

« スイッチ・ブーブー | トップページ | ときどき、一生 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

ドラマ『いつ恋』はすべて観てはないのですが、リアルに現代の若者の生活や感情が描かれているなと感じました。特に月9などは、不自然に立派なマンションに暮らしてたり、ドラマならではの夢見がちで、あり得ない設定が盛りだくさんが当たり前だったように思いますが、今回は介護や災害の現実も取り入れつつ、人間の弱さやズルさも描いているので、その中に飲み込まれそうな、少しの希望や些細な幸せがとても深く、濃く、心に響きました。私は『ワンス・アポンア・タイム』にずっと夢中で、作者に狂気を感じるほど、展開や登場人物のしがらみが上手く出来ていて、楽しみにしています。いなもとさんの目線がステキ。通販、ZOZOで購入したセールの腕時計(形・文字盤・針・バンドの太さ)はじっくり見て気に入り今も愛用してます。永遠の21歳でも購入します。桜、もう間近ですね、日本は強烈に桜好きですから、どこでも植わっていて手軽に花見が出来る、特に日本人にとって、平等に幸せを与えてくれる花だと思います、楽しみです。

今、グーグル検索におじゃましたところ、桜?が咲いて、周りの岩たちが目を開け眺め、その中の一つがくしゃみして、花が散って、他の岩がエーッみたいな顔する、可愛らしい画像がやってます、お暇でしたら見てみて下さい。ほっこり。

遅くなりましたが、分解日記読みました。
面白くて一気に読んでしまいましたが、、、これって続きます???

自分に自信を持つことはとても大変です。私も、大山先生や光二郎じいちゃんみたいに、何かに夢中になってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/63362891

この記事へのトラックバック一覧です: 箱猫:

« スイッチ・ブーブー | トップページ | ときどき、一生 »