« 花見税 | トップページ | アルカディア »

2016年4月 5日 (火)

言えない事情

今日の東京は寒かったです。

コメント欄で映画『64』の後編の感想をお待ちくださっている
方がいらっしゃるのを知りました。
後編は先月末に見たのですが、
「感想書けない!」と思って黙っていました。
 
実を言うと、かなりびっくりしたんです。
そしてその理由を言うとネタバレになるんです。
だから、言えないんです。
 
わたしは原作を読んでいませんが
テレビドラマ(NHK)を見ています。
だからストーリーはわかっている上で見ていました。
ところが結末が違っていて「ええっ!」と。
 
映画とテレビ。どちらが原作通りなのか
わからなかったのですが、試写会で配られた資料に
「映画独自の結末」とあるので、
おそらくテレビが原作に忠実で、
映画ではオリジナルのラストを作ったのでしょう。
 
ラストの変更は、公開後に賛否両論あるだろうと思います。
なぜそう変えたか。
わたしも多少映像のお仕事をしているので、
映像界の事情みたいなものがあるのだろうなあと、
なんとなく察せられるのですが、
とにかくネタバレになるので、言えません。
ほんと、ごめんなさい。
役者さんの熱演はすばらしいものでした。

« 花見税 | トップページ | アルカディア »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

大変お忙しいところ、コメントを読んでくださったうえに ご事情をのせてくださいましてありがとうございます。

映画独自の結末と知り、不安と期待が交錯しだしました。6月の後編の公開を楽しみに待つことにします。(まだ前編も観てませんが)

私は「あずかりやさん」の店主さんに恋してますので、店主さんのその後を想像したりしてます。
読後 心が温かくなる大山純子さんの作品が大好きです。新しい作品も楽しみにしております。

本当にどうもありがとうございました。
_/\○_[感謝感激] (←気持ちを絵文字にて)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/63444651

この記事へのトラックバック一覧です: 言えない事情:

« 花見税 | トップページ | アルカディア »