« ぎゅう、ですか! | トップページ | なのに最終回 »

2016年6月13日 (月)

びっくり映画、『団地』

楽しみにしていた映画『団地』を観てきました。

阪本順治監督、主演は藤山直美さん。
 
Danchi0 パンフレットとチケット
 
びっくりした!
予想だにしない展開。
映画館でびっくりするのって、ほんとに楽しい。
阪本監督作品はシーンからシーンへの飛躍がすごくて、
説明的でないところが魅力です。
 
会場ではあちこちから笑いが起こっていて
わたしも笑ったんですが、途中から
笑うべきところで涙が出るようになり、
いやもう、もろもろ、琴線に触れてしまい、
観たあと、「映画を見た!」と充実感。
 
阪本監督は『どついたるねん』など、
大阪を舞台にした男性的な作品も多いのですが、
『顔』や『魂萌え!』、そしてこの『団地』では
女性の強さが光っています。
女性というより、雑草の底力というか。
 
「これこれこういう映画」と説明できません。
たぶん観た人の心で広がる映画です。
 
昨夜NHKの『 SWITCHインタビュー』で藤山直美さんが
「映画はまばたきをすると注意される」とおっしゃっていて
舞台との違いを困惑されていたのが興味深く、
「藤山さんのまばたきを見つけよう」と思って
スクリーンに向かったのですが
すぐに物語に引き込まれて、忘れてしまった。
もう一回見なくちゃ。
で、きっとまた忘れる。
 

実はわたしも出演してるんです。

岸部一徳さんの背後霊という役どころです。
 
Danchi4 向かって右肩にいます
 
というのは嘘で、劇場入り口に記念撮影できる
こんな仕掛けがあるんです。
 
Danchi1 ←ここに入れる。
 
もちろん係の方に「入っていいんですよね」と確認しました。
「はい、どうぞ!」だそうです。
有楽町スバル座にて(ここでは7月1日まで)。
みなさん、岸部さんの背後霊としてぜひご出演を!

« ぎゅう、ですか! | トップページ | なのに最終回 »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

うわっ、信じるトコやった~!!

私も団地の住人なので、見たいです!!!この映画。

私も信じるトコだった~!!
岸部一徳さん、好きな俳優さんの一人です。
居るだけで意味有り気な方ですよね(笑)。
映画館で映画を観ることがめっきり減っています…。

by the way
「早子せんせい」に出ている吉岡秀隆くんがカッコイイです。
むか~~~しから大好きな俳優さんではありますが、
上手いなぁ。いい俳優さんだなぁ。と思ったことはあっても、
カッコイイ(ドキドキ)と思ったことはなかったはず。
髪型かなぁ?

私も、もれなく信じるトコでした〜(^-^)人の噂って思いもよらない事ありますもんね、伝言ゲームとかもグダグダになる。『重版出来!』最終回良かったです、一所懸命が画面からあふれそうなドラマだと思います。小日向さんのスピーチのとこが特に印象深く、物静かな趣きから漫画への熱意を皆に訴える場面が、私自身も感情を表に出さないタイプなので、とても新鮮に素敵に映りました。

『団地』ではないですが、某映画を観て自分の気持ちだけ高まり過ぎてたと思いました、あまりドキドキしないので、自分の気持ちが鮮烈で。良いなとは今も思うのですが、冷静になれたというか、また橋を壊すかもしれないけど、会ったとしても、いつもの自分でいられるかと。悩みが他にもあるから、過剰に逃避していたかも。ただ、ちょっと人が怖くて病みぎみです。

 はじめまして
私と一緒で、「団地」を見て泣いている人がいてくれて、うれしくなって書き込みしました。
9月24日に見たんで、もう2か月ぐらい経ちましたが、忘れられない映画になってしまいました。
 でも、やっぱりあの独特な雰囲気のある映画は、ちょっと万人受けしないだろうと思いますよね。
でも、琴線に触れる人には、感動モノの映画になっていると思います。
 私には34年ぶりに大泣きした映画でした。 1月に入るとDVDが発売されるので、さっそくAmazonでチェックしておきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/63773234

この記事へのトラックバック一覧です: びっくり映画、『団地』:

« ぎゅう、ですか! | トップページ | なのに最終回 »