« ぱあぽう騒動 | トップページ | 思春期再来 »

2016年6月26日 (日)

またまたぱあぽう

前回、ぱあぽう騒動と称して記事を書きました。

実はその翌日、救急車のお世話になっちゃったんです。
 
超ド級のおなか台風。
胃腸が弱いわたしは、腹部の激痛には慣れており
「1時間我慢すればなんとかなる」とうずくまって耐えるのを
常としていましたが、今回は出産の痛みランクです。
 
わたしは「死にたい!」「助けて!」と
救急隊員さんにしがみつきました。
ゴメンナサイ。
振り返ると論理矛盾なセリフです。
 
CTや血液検査などで異常が見つからず帰されました。
今は自宅で療養しつつ、通院しています。
 
痛くてあわてふためき、多くの人に迷惑かけちゃった。
救急隊員さんってたいへんなんだと実感。
 
経験後に聞く外からのぱあぽうは
切実な響きをもって胸に届きます。
患者さんも隊員さんもご無事で!と。
 
わたしも快復に向けてがんばりまっす。

« ぱあぽう騒動 | トップページ | 思春期再来 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

それは大変でしたね!(◎_◎;)自ら救急車はかつて無いですが、異常なしとのことで、ひとまず安堵ですね、母の時も、大袈裟だと恥ずかしいので30分は様子見て119でした。帰りの外履き、ちゃんと持っていけましたか?担架ではなかったかな?乗り慣れないものですから、付き添い側でもテンションMaxでなかなか冷静になれないです、救急隊の方は本当に冷静沈着、テキパキしてて、感心しきりでした。お腹、くれぐれもお大事に(^-^)暑くなってきましたが、冷た〜いものはガマンですよ〜(偉そうに、スミマセン)、もしくは、いなもとさんに構ってもらいストレス軽減して下さい!

もしかしたら、それ油が原因かも?私も時々腹痛激痛あり体質です。
今まさにそれが90%治まりつつある状態にいます。なんと!タイムリーな?十年ほど前、私も一度救急車で運ばれました。振り返れば、カツ、天ぷら、めったにない高級霜降りすき焼き、松坂牛ステーキ、高濃度レシピのチーズケーキを食した数時間後にその激痛は訪れます。最近は原因が分かって来たと言うのに、ついうっかり原因メニューを食してしまって冷や汗脂汗一升の苦しみを味わっています。原因は違うかもしれませんがお大事になさってください。

私も腹痛で2度の救急車経験があるので、
思い出しながら読みました…。
ううう、なんか痛くなってきた(;´・ω・)

退院後、その時のお隣さんから
「ちょっとアンタ!どうしたのよ!もぅびっくりするじゃない!」
って言われました(;^ω^)

私もその後、ぱあぽうを聴くと
「どうかご無事で…」
と心の中で祈るようになりました。

特にどこも痛くない、って、
それだけで有り難いことですよね。。。

陣痛並の腹痛で、検査しても異常なしってことは、胃痙攣??
強いストレスによって引き起こされるそうですが、
冷たいもの・甘いもの・脂っこいもの・カフェインの強いもの
の摂り過ぎと重なると、さらに起こりやすいようです。

お腹や腰を温めて、どうかお大事にお過ごしください。

体調はいかがですか。
救急車を呼ぶほどの腹痛なんて…想像するだけで恐いです。
神経からくるものなのでしょうか。
どうか無理をなさらず、身体を十分に休めてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/63827400

この記事へのトラックバック一覧です: またまたぱあぽう:

« ぱあぽう騒動 | トップページ | 思春期再来 »