« なんでもあずかります! | トップページ | 日光消毒 »

2016年12月22日 (木)

わたし失敗しますので

今日はひさしぶりに美容院に行きました。

7ヶ月ぶりです。
ほんのひとときですが創作から離れてまったりできました。
シャンプーとカットだけなのであっという間に終わっちゃいましたけど、
わたしにとり最も贅沢な時間です。
 
美容院オリジナルのシャンプーを買いました。
すごくいいシャンプーで、髪にやさしいのです。
ふだんは通販で定期購入しているのですが、
値引きをしていたので、つい買ってしまいました。
すると、意外と重たい。
 
帰りにぶらぶらしようと思っていたのに
無理……な気持ちに。
 
「わたし失敗しないので!」はドクター X。
「わたし失敗しますので!」これがわたしです。
 
でも一箇所だけ寄りました。
キディランド。何年ぶりだろう?

目当てはミッフィーのウエットシートのフタ。買えました!

Bruna2
 
ディック・ブルーナを好きになったのは中学生の時です。
『ゆきのひのうさこちゃん』という絵本を暗記して
友達と暗唱しあいました。
当時はミッフィーという名前を知らず
「ブルーナのうさこちゃん」と認識していました。
 
うさこちゃんのまっすぐな瞳と、
色も線も引き算したようなイラストが大好きでした。
 
最近、孫の紅茶がミッフィーちゃんに夢中と知ってびっくり。
時代を超えて愛されている。
「やはりうさこちゃんには何かあるんだ」と
理由が知りたくてこの本を読みました。
 
Bruna1
 
読めば納得です。
作品は作家そのものなんだなあと思いました。
まっすぐでピュア!
 
作品には自分が出てしまうので、わたしもちゃんと生きなくちゃと
身の引き締まる思いです。
 
こんどの日曜日Eテレで「ミッフィーとおともだちスペシャル」やります。
3Dアニメです。

« なんでもあずかります! | トップページ | 日光消毒 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

Eテレ情報、ありがとうございます!
早速、録画予約しておきますm(__)m

家にある絵本はミッフィーではなく、全部「うさこちゃん」バージョンです。
訳も素晴らしくてリズムが良いですよね。

我が子たちも、うさこちゃん好きでした。
ハッキリした色使いとクッキリ描かれた線が幼児にはわかりやすいのでしょうか。

久しぶりに読みたくなりました(*^-^*)

ミッフィー(ナインチェ)を「うさこちゃん」と訳した石井桃子さんは
内藤濯さんに『星の王子さま』の日本語訳を依頼したひとでもありますね。

うさこちゃんや、ちいさな王子さまのいる世界で育ててもらった自分たちと
今まさにその世界の中ではぐくまれている、ちいさなひとたちのしあわせを思うと
胸が熱くなります。

石井桃子さんの訳といえば、うさこちゃんの対極にいる
『あくたれラルフ』(福音館書店)も、すてきなんです。
そりゃぁもう、すがすがしいほどの「あくたれ」っぷり、
そして、猫好きにはたまらない1冊なんです。

>おのださま
なんと!
『あくたれラルフ』も石井桃子さん訳でしたか!
ウチにありますが、気付かずに読んでいました。
読み直してみます(*^-^*)
(他の方のご投稿に勝手にレスつけてすみませんm(__)m)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/64660190

この記事へのトラックバック一覧です: わたし失敗しますので:

« なんでもあずかります! | トップページ | 日光消毒 »