« 週刊朝日 書いた人 | トップページ | キャリア »

2017年4月 7日 (金)

桜の日

朝から創作していました。

仕事部屋の窓が、ガタガタいってました。
強風で、部屋全体が揺れるようでした。
桜、大丈夫かなと心配になりました。
 
夕方、風が止んだのを見計らって
近所の公園へ行き、桜を見ました。
満開でした。
身勝手な感情ですが、わたしを祝ってくれているように思え、
桜よ、ありがとう!とつぶやきました。
ずっと眺めていたいのですが、仕事の疲れが出てしまい、
立っているのが辛くなり、カフェに入りました。
 
隣席のご婦人たちが、ケーキセットかパフェかで迷っていました。
わたしはアイスコーヒーを飲みながら
「なんという贅沢な時間なのだろう」と
落涙しそうになりました。
 
今この空間にいる人みんな(わたし含む)、
贅沢を共有していると感じました。 
 
桜の季節に桜を見て、カフェで休む。
これ以上の贅沢はありません。
 

公園には桜を楽しむ人たちがたくさんいました。

世の中のすべての人が花を愛でる時間を持てる程度に豊かになる。
それを究極の目標にした場合、世の中から戦争や民族間の争いが
なくなるのではと感じました。
 
辛い人が辛すぎて、贅沢をする人がしすぎると
世の中はどんどん歪んでしまう。
 
帰宅して再び創作。
年に一度のバースデーを贅沢に過ごせました。
良い作品を目指して、1日1日をがんばります。

« 週刊朝日 書いた人 | トップページ | キャリア »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

お誕生日おめでとうございます!!!
╰(*´︶`*)╯♡
桜は直ぐちってしまうから?日本人だから?兎に角、咲いてる期間はとても貴重な時間に感じます。ちゃんとお花見出来ないでいますが、遠くからでも愛でる気持ちは、ほっこりです。私も誕生日は4月ですが、散ってしまう時期、先生いいなー、桜の咲く時期で。

お誕生日おめでとうございます(*^-^*)
散る姿まで美しいですよね、桜。
カフェで一息、素敵な時間ですね。
読んでいるだけで私も贅沢した気持ち(コーヒー飲みながら読んでるし)。
日々に追われ、まさに心の失くしそうだったところ。
鼻はムズムズするけれど、もっと春を楽しもうと思いました。

お誕生日おめでとうございます。

たった今、リアルプリンセスを読み終えました。
あまり読書をしない私には、こんなお姫様もいたんだ、と原作が読みたくなりました。

ここのところ人付き合いがうまくいかず、天気が悪いことも重なって、気が沈んでいました。「辛い人が辛すぎて」って自分のことかと思ってしまいました。

雨が降ったり止んだりする中、やはり皆さん、桜に足をとめていました。

明日、長男の入学式を迎えます。

気持ちを切り替えて、お姫様に会いに図書館に行ってきます。
図書館の階段の頭上、夏場は毛虫に悩まされますが、きっと満開でしょう。

「不思議の国のアリス」の白うさぎのごとく、大変だ遅刻する
(いや、した、ですね)・・・ですが、

お誕生日、おめでとうございます。

桜、うちのまわりでも満開です。
20年以上住み慣れた、桜の美しいこの町から移住するという話が、具体化していて
これが見納めかも・・・なんて思っています。
移住しようかという町は、桜はそれほどでもありませんが、
藤の花の美しい町だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/65120074

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の日:

« 週刊朝日 書いた人 | トップページ | キャリア »