« 水かけババア | トップページ | 光二郎分解日記 相棒は浪人生 »

2017年6月 9日 (金)

これなんだっけ

お風呂の洗い場のタイルが剥がれました。

ある日1枚剥がれ、翌日2枚目が剥がれ、
その後も律儀に1日1枚ずつ剥がれてゆきました。
 
タイルのブレない姿勢に感心しつつ、
怪我しないようそっと使っていましたが、
12枚剥がれた時、「修理が必要だ」と気づきました。
タイルの貼り替え工事を業者さんにお願いしました。
不思議なことに、工事を発注した日から、
剥がれることはなくなりました。
タイルに耳あり。
 
工事中、2日ほどお風呂が使えなくなり、
娘のうちでお風呂を借りることに。
夕方「お邪魔しまーす」と上がり込み、
わたしと夫が交替に使わせてもらい、
「お邪魔しました〜」と帰ります。
かぐや姫の『神田川』を思い出します。
 
孫の紅茶は熱烈歓迎してくれます。
「ババ来た! ババお風呂入りに来た! 
びっくりした!  ババお風呂入ってる!」
わたしたちがいる間、紅茶はずーっとしゃべっています。
まるで古舘さんの実況中継のように、
目に入る光景を感情を交えて言葉にするのです。
 
紅茶は「おしゃべり期」に突入したようです。
「椅子持ってくる。できない。残念」などなど、
動きながらしゃべりながら動きます。
 
 

指に名前があるのも理解したようです。

「親指、小指、薬指、中指」は言えますが、
人差し指は「これなんだっけの指」と言います。
 
おそらくおかあさんが人差し指でものを指し、
「これなんだっけ?」と問いながら、ものの名前を教えているからでしょう。
「これなんだっけ」「車」
「これなんだっけ」「バナナ」
だから人差し指は「これなんだっけの指」なんです。
 
言葉を覚えることで、世界が輪郭を持ち始めているようです。
紅茶に見えてくる世界が少しでも美しくあるように、
世の中の濁りを拭っておきたいと思います。
一市民であるわたしにだってきっと何かできます。
 
ぼくにもできる。
 
Inaimage

« 水かけババア | トップページ | 光二郎分解日記 相棒は浪人生 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

紅茶さんが、いなもとさんを呼ぶ日も近い⁈のかな?。仲良しさんになるといいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/65374430

この記事へのトラックバック一覧です: これなんだっけ:

« 水かけババア | トップページ | 光二郎分解日記 相棒は浪人生 »