« 押し付け三輪車 | トップページ | 天才スピヴェット »

2017年8月29日 (火)

宿題が終わらない

仕事部屋を整えて、スッキリ!

なのに、創作はなかなか進まず、迷路に入ってしまい、
1日に5行しか書けない、10行書けたら4行消し、
12行書けたら15行消し、なんてことを繰り返しつつ
やっと「こうすればいいのかな」と
手がかりをつかみかけたところです。
8月中に「ここまでは進めたい」と思っていた線まで
全然たどりつけず、締め切りを延ばしてもらいました。
 
創作が順調にいかないと、精神が不安定になり
そういうとき、わたしはよく洗濯をします。
今日は5回も洗濯機を回してしまいました。
地球環境にいけないことをした罪悪感で
再び精神不安定になり、
こんどは掃除機をかける、なんてこともして。
 
そんな中、実家の母から電話がありました。
父がこの秋、市から卒寿(90歳)のお祝いをもらえるそうです。
「おめでたいことなので、連絡だけしとくわね」というので
「もう切るの? ほかに話す事ないの?」と
話を催促してしまいました。
「あんた忙しいんじゃないの!」と母はあきれた声。
30分ほど話してもらった後、再び粛々と机に向かいました。
 
 

8月のこの時期は「夏休みの宿題」のラストスパート。

今がんばっている子どもたち、たくさんいることと思います。
わたしは小学生の頃から、夏休みの宿題は
「やりたいのだけやる」主義で、ラジオ体操も行かなかったし、
転校生だったせいか、それで怒られた記憶も無く
(記憶が無いだけなのかもしれないけど)
成績が落ちるくらいの影響は、あったかもしれないけど、
宿題=気にしないもの。なのでした。
いつも8月末って、長い休みに飽きてしまい、
「やれやれ、やっと学校へ行ける」と
9月を楽しみにしていました。
この歳になって、8月末のジタバタを経験し、
やっと磯野カツオの気持ちがわかりました。
 

« 押し付け三輪車 | トップページ | 天才スピヴェット »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

卒寿めでたいですね🎊(o^^o)
9月も間近ですから、ホントもうすぐですね。
夏休みの宿題の思い出は、大量の漢字のかきとり、クラスで完璧にやってきた子は一人でした。
皆んな分厚い辞書で頭ゴツンされました。
でも先生は毎日コツコツを教えようと思われたのだと今は思い、思い出すとひとりニタッとします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/65717316

この記事へのトラックバック一覧です: 宿題が終わらない:

« 押し付け三輪車 | トップページ | 天才スピヴェット »