« 道を拓くんだ的な。 | トップページ | 20年がんばりました? »

2017年10月 3日 (火)

モンテ2のゆくえ

週末、電車に乗っていた時のこと。

隣に座っている(推定)中1男子が、『モンテ・クリスト伯 二』を
持っていました。岩波文庫。図書室の本ではありません。
「おとうさんから借りたのかな」と想像してみました。
 
わたし、今創作中の小説で、
13歳の主人公が『モンテ・クリスト伯』を読む、というシーンを
書いたばかりなので、 中1男子が同じ作品を読んでいるのが
うれしかったし、たのもしく思えました。
 
正確に言いますと、その男子は
『モンテ・クリスト伯 二』を手に持ち、爆睡していました。
うとうとレベルではなく、酔っ払いのように
座席にふにゃあ〜と伸びきっていたんです。 
 
若さって、眠いってことですもの。
わたしも中学時代、いつも眠たかったです。
「この子、乗り越しちゃってないかしら」と少しだけ心配になりました。
自分が降りる駅に到着したため
後ろ髪を引かれる思いでわたしは降りました。
降りてすぐ、心配で後ろを振り返りました。
すると、男子は!
 
Jjj

電車からホームに飛び降りました! 起きたんだ!

「いったいここはどこなん?」てな感じで
カバンを抱えてきょろきょろしています。
 
わたしは心の中で叫びました。
「本、持ってる?落としてない?」
 
すると男子はバッと電車に飛び乗りました。
どうやら乗り過ごしていなかったようで。
ドアはしまり、無事発車しました。
 
わたしは男子の乗り越し問題より
モンテ(二)が心配でした。
ちゃんと持ち帰って、ちゃんとラストまで読んでくれるといいなあ。
 
電車内の忘れ物って、結構本もありそうですね。
忘れられた数が一番多い本はどれでしょう?  
鉄道会社にそういうデータはあるのかなあ。

« 道を拓くんだ的な。 | トップページ | 20年がんばりました? »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

『モンテ・クリスト伯』 2巻
これからいよいよ面白くなりはじめるところですよ・・・
って、偉そうに言ってみましたが、
わたしは、ドラマ『猫弁』の百瀬さんのお部屋で見たのをきっかけに
大人になってから読みました。
 気になって、岩波文庫の在庫を調べたら、『モンテクリスト伯』1~7巻は健在でした。ホッ。

 時々、文庫本をなくします。
それも、かなり思い入れのあるもの。
その中でも、水木しげるさんの『総員玉砕せよ』の講談社文庫版、
もう、5回ぐらい買いなおしています。
電車かなあ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/65869788

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ2のゆくえ:

« 道を拓くんだ的な。 | トップページ | 20年がんばりました? »