« あずかりや、海の向こうへ | トップページ | 高度プロフェッショナル猫 »

2018年6月12日 (火)

太郎の相対性理論

孫の紅茶は春から幼稚園に通っています。

まだ3歳。夢は「看護師」だそうです。
「病院でおかあさんのお世話をし、注射を痛くないようにしてあげる」
 
紅茶のおかあさん、つまりわたしの娘は病気ではなく妊娠中。
今年の始めはつわりが重く、我が家で紅茶を預かる日が多かったのですが
今は元気に夏の出産に備えています。
 
わたしも8月出産予定……ではなく、
出版予定なので原稿を最終チェック。
言葉ひとつひとつに気を配っているのですが
ミスター・ジャマーがこうしてわたしの作業を阻みます。
 
Img_0910
 
どいてもらうと、今度はいつのまにか腕時計はめてる!
 
Img_0912
 

昨夜、編集のかたたちとの食事会があって

「結婚して何年?」という話になったのですが
自分の結婚年数を答えながら「嘘でしょ」と思いました。
 
20年なんて、嘘でしょ。
 
わたしは夫とついこのあいだ結婚し
夫婦としてまだスタートラインという気がしています。
でも20年経っています。
信じられません。
 
浦島太郎もそういう話だったのかなあ。
夢中で過ごしていたら、いつのまにか歳をとってしまったという
リアルな話なのかもしれません。
 
完全理解に苦しむ相対性理論ですが
たしかに時間は伸び縮みすると思います。

« あずかりや、海の向こうへ | トップページ | 高度プロフェッショナル猫 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

いなもとさん可愛いですね〜萌えます♡
モンテクリスト伯、最終回!復讐劇も壮大な愛のお話なんですね。すみれさんが待っていたら起こらなかったと本当に思います。すみれさんの返事に暖が小さく言ったバンザイがすごく切なくて悲しくなりました。ラストシーン、良いけれどすこーし消化不良でした〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/66822724

この記事へのトラックバック一覧です: 太郎の相対性理論:

« あずかりや、海の向こうへ | トップページ | 高度プロフェッショナル猫 »