ドラマdeぶんぶん

2017年1月26日 (木)

おばさんアピ

今日、よる7時からBS-TBSで『猫弁と透明人間』が放送されます。

知らなかった……。再放送です。
 
1話の『猫弁〜死体の身代金〜』はDVDになりましたが
こちらはなっていませんので、未見のかたは、ご覧ください。
 
オンデマンドではどちらも視聴できます。

続きを読む "おばさんアピ" »

2016年2月18日 (木)

自称傑作

あと二時間で始まっちゃうのに今頃宣伝。

Neko2_bstbs
よろしくです!

2015年11月26日 (木)

おかしの家とか

昨夜の『おかしの家』がサイコーにおかしかった。

「わたしのために作ってくれたのか!」と思っちゃうくらい
どまんなか、ツボでした。
 
夢、脚本、優しい大人、信じる、童心…
各モチーフ、エピソードの流れ、解釈の余白とか
これしかない、という仕上がり。
 
自分(あるいは身近な人)にしか
見えないもの、聞こえないものがあって、
それが「夢」なのかもしれない。
 
夢をもつと、孤独になる。
同じ夢が見える人がいるとうれしいし、
たとえ見えなくても、理解してくれる人がいるだけで、
心強いですね。
 
八千草薫さん演じる駄菓子屋のおばちゃん。
こういう優しい大人に出会えると、人生は良いように進むと思う。
わたしにとっては夫の母が「優しい大人」で、
許してくれる、信じてくれる、その確信が
わたしに勇気をくれました。
そろそろ自分が「優しい大人」になって、
勇気を渡す番なのだけど、いつまでも子どものままで恥ずかしい。
 
 

続きを読む "おかしの家とか" »

2015年9月30日 (水)

いつもまぢかに

『いつもまぢかに』イマジカBS

友人が脚本を書きました。デビュー作です。
サイトをご覧ください。
ストーリーを読むだけでもワクワクします。
映画好きならではの作品。待ってました!という感じ。
 
視聴方法はコチラに詳しく載ってます。
完全オリジナルストーリー。
昨今は原作アリが主流だけど、
脚本家の多くはオリジナルの夢を追っていると思うし
わたしもそこを目指していました。
うらやましいし、わたしもがんばろう!と思いました。
 

続きを読む "いつもまぢかに" »

2015年8月 1日 (土)

エンケンさん

8月になっちゃいました!

みなさんオススメの『民王』、2話見ました。激おもしろかったです!
ぎゃはぎゃは笑いつつ、
脚本のうまさにところどころ、ゾク!としました。
役者さんも演出もすばらしいです。
初回を見逃してしまったのがくやしい…。
池井戸さん原作のドラマがあまりに多いので、つい敬遠してしまい、
うかつでした…。
Enken

2015年2月 4日 (水)

あっていいのに

連ドラはこちらを見ています。

『流星ワゴン』(日)
『デート』(月)
『ゴーストライター』(火)
『ウロボロス』(金)
『アイアングランマ』BS(土)
『だから荒野』BS(日)
 
『ゴーストライター』はどんどん恐ろしくなって、目が離せません。
作家の生みの苦しみが、すさまじい。
大作家さんって背負ってるものが大きいからきっと辛い…。
わたしはペーペーのおかげで楽しく書かせてもらってる。
ありがたいことです(怒られそう)。
 
『流星ワゴン』は親子の罵り合いが見ていて辛いのですが
幽霊親子は仲が良くて、救われます。
登場人物の中で最も不幸な二人が1番明るいから泣ける。
 
そう言えば、
最近のドラマって子どもが親をなじるシーンが
わりと普通に、しかもたびたび出て来ます。
「くそばばあ」とか「うっせー」とか「おめーのせいだ」とか。
虐待されてるわけでもないのに。
 
 

続きを読む "あっていいのに" »

2015年1月30日 (金)

怖くて笑えない

今日は目を覚ますと銀世界でした。

どんどん降ってる。大雪注意報とか出ちゃってる。
びびってしまい、打ち合わせを延期してもらいました。
その後30分すると雨に。あーあ。
いろいろ、ごめんなさい。
 
先日『デート』というドラマの楽しさを語りましたが
火曜夜の『ゴーストライター』、これは怖いです。
出版界のお話です。
 
初回、こんなシーンがありました。
若い編集者が新人の売り込み原稿を手に
「いい原稿です。本にしてみたい」と言います。
それを聞いた編集長はデスクに積んである本を床に叩き付け、
「本が売れねえんだよ!」と怒鳴ります。
「作りたい本を作るだと? 売れる本を作れ!」
的なことを叫びます。
 
怖っ!
出版界の末端にいて、たいして売り上げに貢献していないわたしは
自分が怒鳴られたような気がしました。
 

続きを読む "怖くて笑えない" »

2015年1月27日 (火)

すさまじかった!

昨日、月9ドラマ『デート』を見ていた時のことです。

楽しくて、「えー」とか「おっ」とか
発声しながら見ていたのですが
後半、あるシーンでわたしのココロが楽しさのK点超えをして
どーっと涙が流れてしまいました。
 
うれしくて泣く、のは何度か経験済みですが
楽しくて泣く、は初めてかも。
 
ここ最近の鬱屈や疲労をすべて洗い流してくれた
すさまじい笑いをありがとうございます。
誰に言ったらいいかわからないので、ここに書いておきます。
 
笑いが世の中を救うかもしれない。
わたしも人を笑わせたい。
世のため人のため、芸を磨きたいと思います。

2014年9月30日 (火)

雪猫と猫弁

雪猫』(講談社文庫)、明日付けで重版します。

3刷です。応援ありがとうございます。
 
ドラマ『猫弁〜死体の身代金〜』は、オンデマンドや
ケーブルテレビでも見られますが、DVDも発売されています。
早々に完売し、しばらく中古品が高価格で販売されていたようですが
こちらも重版し、今はアマゾンで定価で購入できます。
 
DVDは権利の関係もあって、音楽が変更されています。
時間は数分ですが、テレビ放送より長いです。
笑えるシーンです。
 
今期、わたしはいろんなドラマを見て、楽しませてもらいましたが
やはり猫弁が最高!と思っています。
 
『猫弁〜死体の身代金〜』『猫弁と透明人間
 
このふたつは奇跡のようなナイス・キャストで、
すばらしい出来上がりでした。
続きができないわけがないと、わたしは思っています。
もちろん、わたしが一番がんばらねばなりませんし
努力を続けています。
応援、よろしくお願いします。
 
今日で9月はおしまい。
いよいよ秋本番ですね。

2014年6月 1日 (日)

猫弁ドラマ再放送

TBSチャンネル(スカパー、ケーブルテレビ)で

猫弁ドラマが再放送されます。
 
6月3日夜9時〜『猫弁 死体の身代金
6月4日夜9時〜『猫弁と透明人間
 
TBSチャンネルが見られない方は、オンデマンドでは常時見られます。
詳しくはこのブログのサイドバー「オンデマンド」でお確かめください。

より以前の記事一覧